先輩社員の声を交え、YUWA GROUPの活動を紹介します!

多様なライフスタイルをサポート

㈱友和

調査・分析・提案

消費者ニーズや小売業の課題分析などを行い、仕入れから実際の販売手法に至るまで、モノの流れ全体を見据えたトータルな提案を行っています。
様々な提案を通して仕入先様、得意先様のビジネスを成功に導き、その先の消費者様のライフスタイルをサポートすることを目指しています。

専門商社の強みを活かした商品供給

国内外問わず様々な生活用品メーカー様から商品をセレクト。
各得意先様にご提案する売り場や企画に合わせて構成し、最適な物流ルートでの供給までフォローします。
生活用品の専門商社としてサプライチェーン全体を見渡し、仕入先様の販路拡大、小売業様の課題解決など市場の活性化を図ります。

長年にわたる信頼関係

私たちの創業は1965年。得意先様からは「YUWA GROUPに扱えない商品なんて無い」なんて言われるほど、長年ビジネスパートナーとして信頼関係を築いてまいりました。
生活用品からライフスタイルをご提案する、世の中になくてはならない企業であると自負しています。

先輩社員を見てみよう!

YUWA GROUPをのぞきに来ませんか?

詳しくはこちらから

徹底した市場分析と、得意先様に合わせたご提案

㈱友和

3つの強み

1. 情報収集力

消費者様をより快適なライフスタイルへ導く新しいカテゴリーや仕入先様・商品を発掘します

私たちは付加価値をつけて市場に還元していくことで生活用品のプロフェッショナルとしての位置づけを確立してきました。
全国各地の仕入先様や幅広い得意先様とのお取引により、様々な市場情報を収集しています。

単なる企業対企業の橋渡しで終わるのではなく、市場に更なる付加価値の提供ができるよう、日々各機能の向上を図っています。

2. 分析力

独自のライフスタイル調査やマーケット分析に基づきトレンドを予測します

目まぐるしく変化する時代だからこそ、ニーズや市場動向を分析し、全体の流れを把握する事が欠かせません。
商品情報や市場動向、売場の実例やシーゾナルの売上動向など、様々な視点からのトレンド予測を、企画・調査の専門部署が行っています。
また、独自のライフスタイル調査や年次ごとのマーケット分析推移に基づいて消費者様の変化を捉え、得意先様ごとの案件に合わせた、具体的な売場をご提案しています。

画像:2019年11月 「YUWA GROUP商談会」
開催地:東京ドームシティ プリズムホール

画像:2022年5月 「YUWA GROUP Web商談会」
東京ドームシティ プリズムホールで開催した内容を、360°ビューで体験できるオンライン商談会も開催

3. 情報発信力

自社開催の商談会で、最新情報をお届けします

年2回、全国の得意先様をお招きしてYUWA GROUP商談会を開催。
具体的な売場のご提案、新商品やトレンドの紹介、商品の良さをお客様と共有する実演体験など、実際に商品を手に取って頂きながら小売店様の課題解決を図ります。
生活用品の専門商社として培ったノウハウを発揮する一大イベントでもあり、開発力や企画力を駆使し、独自の視点・課題解決案を織り交ぜることで、他社にない魅力的な内容として毎年多くの得意先様にご評価頂いております。

また近年は360°ビューを採用したオンライン商談会も行っており、時代の変化に柔軟に対応した情報発信を続けています。

YUWA GROUPの商談会

私たちの商談会は独自の企画で年2回開催され、得意先様から大変ご好評を頂いております。
最初の商談会は1983年に中野本社にて開催され、その後2003年には「新宿パークタワーホール」や「池袋サンシャインシティ文化会館」に開催地を変更し、より多くの得意先様へご提案をすることが出来ました。
現在はよりアクセスに優れた「東京ドームシティプリズムホール」へと会場を移し、例年多くのお客様にご来場いただいております。
2020年からは「Web商談会」も開催。時間や場所を選ばず、より便利にじっくりとご商談いただける体制を整えてきました。
専門商社としての視点や最新のトレンド情報を発信し、時代と共に進化する、YUWA GROUPを代表する大イベントです。

先輩社員を見てみよう!

YUWA GROUPをのぞきに来ませんか?

詳しくはこちらから

業界有数のネットワークと、独自の品質管理体制

㈱ストリックス
コンサルティング

画像:YDC朝倉
※YDCとは、Yuwa Distribution Center の頭文字を取った、YUWA GROUPの配送・物流センターの名称です。

商品を最良の状態で正確にお届けすること

YUWA GROUPは北海道から鹿児島まで全国に拠点を構えています。
配送の拠点となる物流センターは19か所、営業の拠点となるサテライトオフィスは6か所あり、中野の本社を含めると全国の拠点数は合計26か所になります。
全国から集めた情報を分析し、得意先様の業態・地域特性に合わせたご提案を行います。
商品を最良の状態で正確にお届けすることをモットーに、物流品質と商品品質向上の体制を構築しています。

大規模な災害等で急激な需要増が起こったとしても、供給を絶やさず、迅速に対応できる体制を整えています。

大規模な災害時でも、人々の暮らしを支える力があります

私たちが扱う生活用品・生活必需品は災害時の時にこそ安定供給が強く求められます。
悪天候や災害等で一部の物流拠点の機能が低下した場合は、他の拠点から供給を行うといった「相互補完」の体制をとっています。
グループ企業としての長所を活かした「商品供給力」と全国に広がる「物流・情報ネットワーク」で、緊急時にも全国各地に商品を安定供給をするという社会的使命を果たしています。

経済産業省 主催「製品安全対策優良企業」PSアワード受賞

生活用品を供給する立場として単に安定してモノを運ぶだけでなく、「品質の追求」も実践しています。
㈱友和の品質向上に対する取組みが評価され、経済産業省が主催する製品安全対策優良企業表彰(PSアワード)を過去2回受賞いたしました。

●2016年度 製品安全対策優良企業表彰特別賞を受賞
●2018年度 製品安全対策優良企業表彰特別賞を受賞

詳しくは、こちらの経済産業省のHPからご確認ください。

先輩社員を見てみよう!