中野ってどんな街?~中野の今昔~

中野区役所前にあるお囲いの犬の像。五代将軍徳川綱吉によって犬を保護するためのお囲いが中野区につくられました。

■中野の昔1 ~物資の集荷地として発展~

慶長8年(1603年)江戸幕府が開かれ、中野郷は中野・本郷・本郷新田・雑色・江古田・片山・上高田・新井・上沼袋・下沼袋・上鷺宮・下鷺宮各村に分けられました。江戸城建設のため青梅街道が開かれ、中野宿が置かれます。江戸中期以降は、多摩地域からの物資の集荷地として人々の往来も多く、江戸近郊農村として発展しました。五代将軍徳川綱吉は「生類憐れみの令」をだし、江戸の野犬を収容するためのお囲いを中野区につくりました。今の区役所を中心に8万頭以上の犬が収容されたとつたえられています。8代将軍徳川吉宗によってその一部に桃が植えられ「桃園」がつくられました。江戸後期には花見スタイルの源にもなりました。 また、中野区地域は将軍家の鷹場としての性格もあり、宝仙寺・東福寺はその休憩所に指定され、桃園・上高田・中山(今の東中野区小周辺)に御立場(鷹狩りの本陣)があったことが知られています。

■中野の昔2 ~中野区の誕生~

明治22年に町村制が施行され、中野・本郷・本郷新田・雑色の4か村が中野村に、江古田・片山・上高田・新井・上沼袋・下沼袋・上鷲宮・下鷲宮各村が野方村になりました。この年には新宿・立川間に甲武鉄道(今のJR中央線)が開通して中野駅ができ、今までの青梅街道沿いとは別な新たな町が形成されるようになりました。このことにより明治30年に中野村は中野町になりました。交通機関の整備は宅地化を促進し人口も増加して、大正時代には、東京に隣接した高級住宅地としての性格も出てきました。そして、大正12年に関東大震災が起こり、その結果、東京の街は災害対策のため区画整理が開始され、郊外に向けて大規模な人口移動が開始されました。昭和2年に西武新宿線が開通して野方地域の交通網はほぼ現在のようになりました。昭和7年には東京市の市域拡張にともない、中野町と野方町は合併し中野区が誕生しました。

(転載元:中野区立図書館デジタルアーカイブ 書名:たずねてみませんか 中野の名所・旧跡 著者名:中野区立歴史民俗資料館)

昭和4年 全面改築された、当時の中野駅。中野駅周辺は、明治22年の甲武鉄道開設に伴う中野駅開業とともに商業を中心に発展。

中野ブロードウェイ。サブカルチャー発信拠点として懐かしさと新しさが融合する有名スポット。

中野の今 ~サブカルチャー発信地として若者が住みやすい街へ~

戦後の復興はめざましく、人口30万人を擁する、都心に隣接したベッドタウンとして、戦前以上の発展をとげ現在にいたっています。 都心にアクセスしやすいという便利さがありながら、生活感が漂う古くからの商店街があったり、マンガやアニメ、フィギュアファンが集う街として”サブカルチャー発信地”と言われる側面ももっています。中野区に住む人の半数以上が単身世帯であり、20代の人口比率が高いのも特徴で、 昭和の青春ソング『神田川』のモデルになった場所も中野界隈といわれております。利便性が良く、どこか懐かしさが残る中野は、若者にとって住みやすい街として定着しているのかもしれません。

中野のこれから ~新たなビジネスチャンスが生まれる「NAKANO」へ~

近年、再開発で駅前が一新され、新たなオフィスビルや大学のキャンパスができ、中野は一気に変化を遂げました。再開発により、中野エリアには約2万人もの新たな人口流入をもたらしたと言われています。中野は、現在、国の政策として、民間の能力が十分に発揮できる「世界で一番ビジネスのしやすい環境」を実現し、経済成長につなげていくことを目的とした国家戦略特別区に指定されており、さらなる変貌を遂げようとしています。今後の中野は、新たなビジネスチャンスが生まれる新生「NAKANO」へと変わっていくことが期待できます。

友和は、” 暮らしやすい” と” 働きやすい” が融合した街である中野に根付きながら、
雑貨の情報発信基地としてさらなる発展を目指します。

中野について知ってみよう!

 

中野区公式ページ

www.city.tokyo-nakano.lg.jp

 

中野区観光協会

www.nakano-kanko.com

 

まるっと中野

www.visit.city-tokyo-nakano.jp

Nakano City

Promotional Videos for Foreign Tourists