深堀提案で新しい切り口を見つけ出す

全国の得意先に対して、売場改善と数値向上のための分析提案を行う仕事をしています。各得意先の営業担当と連動し、より効果的な営業活動を展開していくためのサポートをしています。幅広いマーケットリサーチを担当している同じ社内の調査部から提供される情報や、業態やカテゴリーごとの市場動向やトレンドといった情報に、得意先の競合他社との比較や、販売実績データを組み合わせて分析することで、営業担当だけでは中々できない、その得意先ごとの深堀り提案に繋げていくのが役割です。膨大なデータから、数字が指し示す意味を読み取り、あらゆる仮説を検証して解釈をしていくプロセスは、とても大変ですが、その分、新たな消費者のインサイトやこれまでになかった新しい切口を発見した時は、とてもやりがいに感じ、嬉しくなります。

自分の頑張りを見てくれる人がいる

以前、スーパーマーケットの営業を担当していたことがあります。当時、初めて一人で担当を持つことになり、ひとり立ちできた嬉しさと、自分の力で何とかしていかなければならないというプレッシャーを感じつつ、業務にあたっていました。課題を一つずつクリアしながら、少しづつではありましたが、実績を積み上げていたところ、自分の頑張りに、当時の上司が気づいてくれて、声をかけてくれました。同じ部署にたくさんの同僚がいた上に、徐々に実績が上がっていく感じでしたので、まさか、自分の仕事の成果に気づいてくれるとは思いもしませんでした。コツコツと努力した結果を、きちんと見てくれている人がいる、ということに気づき、すごく嬉しかった記憶として今でも残っています。頑張りを認めてもらえるって、やっぱり嬉しいですね。

全ての経験が自身の成長につながる

どちらかと言うと人見知りで引っ込み思案な性格でしたが、営業として仕事をする中で、対人関係を築いたり、人前でプレゼンすることに少しだけ自信を持てるようになりました。通販の営業担当をしていた時、自身でテレビの生放送に出演して販売したことも、当時は泣きながらでしたが、今となっては良い思い出です(笑)。どうすれば商品の良さが伝わるか、人の心に響くか、真剣に考えるきっかけにもなり、今の仕事にも確実に活かされています。また子育てを経験したことにより、限られた時間をいかに有効に使うかを必死で考えるようになり、時間の効率活用が上手くなったと感じています。ママさん達が日々かかえている不安や苦労や喜びを自分事として感じられたことは、家庭用品を扱い、日々の暮らしの向上を目指す友和での仕事にも大変プラスになると思っています。こうして考えると、一つ一つの経験が自身の成長に繋がっているんですね。

的確なアドバイスで仲間の助けに

意見を言ったり、相談したりしやすい関係を築いた上で、個々の能力や個性を十分に発揮できるような環境づくりをしていきたいです。そして、全体の調和を整えていくことで、チームとして融合させていけば、成果も最大になると考えています。あと、個人的に目指しているのは、「的確にアドバイスができる人」です。仕事は課題の連続ですから、こうしたいんだけども上手く出来ない…ということがたくさんあります。そんな時に、瞬時に判断して的確に指示ができる人って、カッコイイなって思うんです。おそらく、たくさんの経験と柔軟な発想、そして、何よりも課題に向き合おうとする誠実さを備えているからこそ成せる事だと思います。自身も、そうなれるように努力して、仲間の助けになるような存在になりたいですね。

ある1日のスケジュール

ONTIME

※時短勤務制度の利用により、9:00~16:00勤務

9:00 出社・始業準備 メールチェック、部署メンバーの前日業務内容確認、一日の業務内容チェック
9:30 資料作成 MTの段取り確認と資料の準備
10:00 打ち合わせ 部署MTにて、会社全体の情報、部内で対応している複数の得意先案件や取引先との商談内容の共有と意見交換
11:00 資料作成 得意先提案資料のチェック
11:30 昼食 会社近くの定食屋さんでランチ(社内の様々なメンバーと一緒に行きます)
12:30 資料作成 全国に配信する営業サポート資料の作成
14:30 打ち合わせ 得意先提案について分析進捗の確認と提案方向性の詰め
15:30 報告・確認 業務報告の作成、次週以降のスケジュール調整
16:00 退勤 残務内容の確認後、保育園のお迎えへ

OFFTIME

休日は、子ども中心の生活をしています。「お仕事がんばってね」と言ってくれる子供のためにも、一緒にいるときはとことん遊びに付き合うようにしています。

写真は新婚旅行でフランスに行った時の写真です。行先は夫を説得して、念願のパリに決定しました!もともと、一人旅が好きで、よく旅行には行っていました。好きなところで立ち止まり、好きなものをみる、一人旅の醍醐味です。また、いつか行きたいですね~!