成功の秘訣は過去の成功パターンに捉われないこと

EC向けの営業担当として、無数にあるメーカー商品の中から商品を選定し、お客様に購入してもらう為の掲載ページを制作しています。実店舗のように商品陳列スペースの制限がないため、カラーバリエーション豊富な商品やサイズが多展開されている商品など、実店舗だと導入が難しい商品でも展開することが可能です。ただ、様々な商品がある半面、検索してもらい、見やすい掲載ページになっていなければ購入に繋がらないという事実もあります。その為、まるで実店舗で買い物しているかのように、商品の特徴を伝える為にはどのようにしたらいいかを日々考えながら、業務にあたっています。常に思うのは「どんな商品が売れるかは分からない」ということ。過去の成功パターンに捉われずに、視野を広くもって、情報に敏感になりアップデートし続けることが大切であると考えています。そのような姿勢で掲載ページを制作し、売上を作ることが出来た時は、本当に嬉しいです。

役に立てているという確かな実感

店舗業態の営業担当をしていた時のことです。得意先の売場にどんな商品を導入するか決定する棚割という仕事があるのですが、ようやく業務にも慣れ始めた2年目の頃に、初めて自分が中心となって担当することになりました。当然、自社提案の商品を導入していくことがミッションになりますが、それは競合他社も同じです。しかも、競合他社の担当者は業界経験が長く知識が豊富な方が多かった為、提案で負けない為にも、資料作成はもちろんのこと、どのように勝っていくか作戦も考える必要があり、入念な準備が非常に大変でした。しかし、その結果は、大成功。売上を伸ばすこともでき、とても達成感を感じました。さらに、その先には続きが…。後日、業務で店舗に行く機会があったのですが、偶然にも、自分が提案した商品をお客様が購入している姿を目にしたんです。その時、初めて気づいたのは、商品導入が決定した時よりも嬉しいということ。お客様の役に立つことができたという実感がこんなにも嬉しいことだとは、自分でも驚きでした。

 

本質を理解する力

過去の業務経験から、何よりも「本質を理解すること」が重要であることを学び、それは今でも、私が仕事において大切にしていることです。言われた事だけをそのままやろうとするのではなく、相手の意図はどこにあるのか、何を求めているのか、考えることが重要だと思っています。入社当時は、それに気づけずに失敗したこともありましたが、その経験をきっかけとして、業務に対する意識が大きく変わりました。本質を理解する為には、相手が言ったことについて、何が本質かを自分の頭で考える。そうすると、新たな疑問や知りたい情報が出てくる。じゃあ、自分から情報をとらなければならない。自然と、自分から積極的にコミュニケーションをとるようになり、気づいたら、行動も変わっていき、仕事の成果も出やすくなりました。自分は失敗経験について、きちんと振返ることで、学び、成長をしていくタイプかもしれません。

臆することなく挑戦できるように、頼られる存在に

わたしは、頼られる存在になりたいと思っています。なぜなら、後輩に臆することなく挑戦してもらいたいからです。自身の経験から、仕事は自分の意志がないと楽しいものにはならないと思っています。自分の考えや意志が反映されたものが形となって結果に繋がるから楽しくなるのです。でも、やっぱり人ですから、初めて挑戦する時は、叱られるかも…失敗したらどうしよう…って不安になると思うんです。そうすると、意見を言えなくなってしまったり、挑戦できなくなってしまい、成長が阻害され、本人にとって損です。そんな時は、自分の存在が拠り所になれたらいいなと思います。実際、後輩が仕事の中で不安そうにしている時は「何かあったら、私の名前を出していいよ」と声をかけ、背中を押すようにしています。ぜひ、自信をもって仕事して欲しいですね!

ある1日のスケジュール

ONTIME

8:00 出社 メールチェック・一日の業務内容チェック
8:30 始業準備 朝は、清掃・ラジオ体操・朝礼からスタート
9:00 受注確認 受注状況を確認し、必要に応じ発注依頼。欠品があればメーカーに問い合わせ
10:30 商談準備 午後のメーカー商談に向けて、現状の売上状況や依頼事項の進捗チェック 
11:30 昼食 同期と会社近くのお店でランチタイム
12:30 打合せ パートさんへ依頼をしている業務の進捗確認、新規案件の説明
14:00 メーカー商談 依頼事項の進捗共有や新規商品の商談
16:00 報告 商談内容の確認と依頼事項の対応 
17:00 得意先のサイトチェック ページに誤情報が掲載されていないか確認。
またカテゴリーごとにランキングチェックを行い売上UPにつながるような情報を探す
17:30 終礼 業務進捗や、残務内容等を報告
18:00 資料作成・退勤 メーカーへの依頼資料作成。メールチェックや翌日のスケジュールを確認し、退社 

OFFTIME

仕事が早く終わった日は中野あたりで会社仲間と飲みに行ったりすることもあります。休日はヨガ教室に通い、体を動かすようにしています。体がなまってしまうのが心配で…。

写真は長期休みを利用して大学時代の友人とバリ島へ旅行に行った時のものです。行くところが多くて、まわりきることが出来ず…もう一度行きたいです!あとは、会社の先輩社員が主催してくれるイベントに参加したりもします。バーベキューが多いですかね。