our philosophy

1965年に創業した友和は、日本のチェーンストア理論の先駆者である渥美俊一氏の唱えた「経済民主主義の実現」つまり「豊かな消費生活を大多数の国民が毎日楽しめるような経済の仕組みづくりをしていこう」という考え方に共鳴しました。

百貨店中心で生産者主体の流通機構から、消費者が主役の流通機構に変えていこうとする動きに賛同し、「生活者のニーズに応え、より良い商品をより安く安定供給し、生活文化の向上に役立ち、社会に貢献する」という理念を掲げ、創業しました。

”変化に対応し、挑戦する企業でありたい”

社章に込めた想い
1982年に現在の社章が完成しました。この楕円形は「決して丸くならず、変化に対応し、挑戦し続ける企業でありたい」という想いが込められています。また、友和の頭文字である「Y」と、当時、創業18年という若さ、YOUNGの「Y」が、躍動感あふれる流線型であらわされています。

常に必要とされる企業を目指して

社会の状況変化を敏感にとらえ、消費者の必要とする商品をいかにタイムリーに提供していくかを常に考える友和の企業姿勢は多くの小売業様に支持されることとなりました。消費者視点に立った事業展開で、需要と供給を結び付けることに成功し、友和は小売業の課題解決機能を有する企業として成長したのです。現在、少子高齢化、働く女性や単身世帯の増加など、消費者の市場動向は大きく変化し、同時に購買スタイルもオンラインショッピングの需要が増えるなど、多様化してきています。今後も変わらぬ創業理念のもと、消費者や顧客の変化に柔軟に対応し、必要とされ続ける企業を目指してまいります。

“創業時からの願い”

友和は創業時より、社員及びその家族の健康を守るために「禁煙会社」を目指してまいりました。そして平成23年9月1日、改めて「禁煙宣言」を行い、非喫煙者のみで構成された禁煙会社として生まれ変わりました。健全な企業活動の前提には、友和にとって最も重要なリソースである “人財” の健康があると考えております。これからも従業員が安心して健康でイキイキと働ける環境をつくってまいります。

一人ひとりが自分の仕事における主役

ひとりの働く社会人として、皆さんに忘れないで欲しいのは、自分の仕事における主役は常に自分であるということ。
どのように働き、どのような自分になるのかは、全て皆さんが決めることです。実現したいことやありたい姿を想い描き、それを叶えるために行動し、あきらめずに努力できるような人であってほしいと思います。そのような人達の集合体が企業であり、一人ひとりの強い想いが、強い企業を創っていくと信じております。

友和という舞台で、どのような仕事ストーリーを実現したいのか、熱く語ってくれる皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

求める人財

私達が新しい仲間に求めるものは、以下の2つとなります。

1.「商売人」としての基本人財要件

友和の人財は、生活者のより良い暮らしの実現と、小売業様、メーカー様と共に成長を目指す「商売人」でなくてはなりません。良き「商売人」になっていただくためには、スキル以前に人としての在り方が重要であると考えており、「こんな人であって欲しい」というあるべき姿を示したものが以下の通りとなっております。

一、挨拶ができる人
一、明るくはつらつとした人
一、素敵な笑顔ができる人
一、清潔感のある身だしなみができる人
一、心身ともに健康であろうと努める人
一、変化に対応できる人
一、常に前向きで行動力がある人

2.友和で活躍するための要素

友和で活躍するには、以下の要素を備え、自分の可能性に挑戦する姿勢が必要です。全てを完璧に備えていなくても、どれか一つでも心当たりのある方は、ぜひ、チャレンジしてみてください。

「Vision」:入社後にやりたい夢やありたい姿を語れる
「Action」:失敗を恐れずに行動できる
「Perspiration」:何事も諦めずに最後までやり遂げようと努力できる

自分の想いを形にし、実現に向けてひたむきに努力できる人を求めています。